誰もいない夏越の大祓茅の輪くぐり | 美しく豊かさを楽しむ

誰もいない夏越の大祓茅の輪くぐり

スポンサーリンク

今日は6月30日。早いですね!

夏越の大祓 茅の輪くぐりに行ってきました。

が、開始から20分ほど遅刻しましたら
もう誰もいませんでした(^o^;;

祭典などしていないんじゃないか
というくらい、閑散としていました・・・。

仕方がないので、一人茅の輪をくぐり
この半年のお礼と明日からの半年のご挨拶など
してきました。

夏越の大祓とは

この半年の罪穢れをひとがたに託して、茅の輪をくぐります。

心身を清めて祝詞(のりと)を唱え、罪や穢れを祓います。

後の半年の無病息災と、

新たな気持ちで過ごすことができるように祈る、という神事です。

なので、年末にも年越しの祓があるということです。

夏越の大祓

こちら、茅の輪というものです。

ちゃんと、くぐり方がありまして
祝詞を唱えながら
1)まずは左手側に外回り。
2)右手側に外回り。
3)もう一度、左手側に一回り。
そして、神前に進んで行く。

といった流れになるようです。

この行為が、半年間の罪穢れを祓うものだそうです。

明日からは7月!

梅雨もあと半月ばかりです。

今年の後半。何をしたいか、どうしていくか。
予定を立てようと思っています!!

//Ptengine解析コード